HOOKSOFTさまの新作、

どっちのiが好きですか?

こちらの体験版をプレイさせていただきました!



banner300x250_01








ストーリーについて

ひとことで言えば、『恋愛×ギャグゲー』というワードがぴったりな内容でした。


本作は、

  • リードする恋愛
  • リードされる恋愛

この2つの恋愛にフォーカスした作品です。


体験版は、序盤のシナリオとおまけのシーンが収録されています。このおまけのシーンでは、『リードする・される恋愛』がどのような雰囲気なのかを一部だけ見ることができます。
(おまけは、体験版クリア後になります)

5548


5562

収録されていたヒロインは、摩耶さんハンナさんです。
まったく別な性格の2人なので、『リードする・される恋愛』もかなり違った雰囲気で楽しめました。




また、序盤のシナリオは、キャラクターとのやりとりにクスッと笑えるコメディ感のある内容でした。

5441

5528

5458

ヒロインとの会話、サブキャラクターのセリフ、顔芸など、思わず笑ってしまう場面がところどころで描かれていました。


この体験版では、僕はヒロインの摩耶さんとの会話が非常に印象的でした。

5424

ドSなヒロインの摩耶さんですが、そのドSがいい味出していたのかなと思います。
特に、摩耶さんが働く喫茶店でのお話はかなり笑いました(笑)



『リードする・される恋愛』と、コメディあふれるシナリオ。ストーリーとしては、以上の2点が体験版の主な部分だったと思います。
(体験版なので、"恋愛描写 < ギャグシーン"というような割合でした)

本作の魅力を存分に楽しめた、といった内容でした!




ヒロインについて

本作のヒロインは4人で、それぞれクセのあるヒロインでした。
体験版での印象なども含め、各ヒロインについて書いていきます。

種村 小柚子

5462

元生徒会長で姉御肌な、頼れる年上の先輩です。
豪快で力強い性格もあって、いい意味で女の子らしくない一面もあるヒロインです。

わりと顔芸の多いヒロインで、かなり面白い女の子でもありました。
CVの 花園めい さんがも常にいい演技をしてくださって、本作のヒロインでいちばん好きになりました♡



上ノ山 芽愛

5483

ポジティブでドMな女の子で、かなりテンションの高い後輩ヒロイン。
いじられキャラのような立ち位置で、とても楽しいヒロインでした。

こういうテンションの高いヒロインって、いざ個別ルートに入ると、そのテンションとのギャップがめちゃくちゃ可愛いんですよね!
個別ルートでのイチャラブに期待したい、そんなヒロインでした。



四谷・グレンジャー・ハンナ

5408

主人公が通う学園とは別の、お嬢様学校に通うお嬢様ヒロイン
お嬢様なためか、ピュアなところが可愛いヒロインです。妹のリサちゃんとの仲の良さも印象的でした。

ヒロインの中ではもっともスタイル抜群な女の子なので、個人的にはHシーンがいちばん楽しみなヒロインです。
立ち絵でも、おっぱいが目立ってしょうがない…!




英 摩耶

5497

負けず嫌いでドS生徒会長
"マウント取りたがり系女子"という独特な性格をしているヒロインで、そこがまた魅力的なヒロインです。

ちょっとツンツンしていますが、たまに可愛い声や表情なども見せてくれるヒロインです。そのギャップにやられる人が多そうだなぁ、と思える女の子でした。(←実際にやられました♡)




なかなか個性が強いヒロインが多いので、本作のコンセプトの『リードする・される恋愛』がより楽しめるのかなと思います。

皆さんはどのヒロインが気になりますか?







Hシーンについて

体験版のクリア後に、Hシーンを見ることができます。
(おまけの『リードする・される』のシーンと同じ場所に収録されています)


Hシーンでも、『リードする・される』の雰囲気を見ることができます。
ただし、1シーンがまるごと収録されているわけではなく、一部のみのシーンとなります。あくまで、その雰囲気を味わうための内容となっていました。



Hシーンのヒロインは、摩耶さんのみとなります。

5555

"リードする"のHシーン。
初々しさや、イチャラブなムードのある内容でした。


5561

"リードされる"のHシーン。
ガッツリと主人公に攻める摩耶さんがエッチでした♡



ドSなところがある反面、Hシーンでのギャップがとても印象的な摩耶さんでした。
『リードする・される』Hシーンを、より魅力的に見せてくれたのかなと思います。

他のヒロインの『リードする・される』Hシーンも見たかったですが、製品版までの楽しみということになりますね…。




全体の感想

『リードする恋愛』と『リードされる恋愛』にフォーカスした本作。
シーンとしては短かったですが、十分にその魅力が伝わる内容だったのかなと思いました。

また、日常のパートのギャグシーンも、とてもインパクトが強かったです。
想像以上にギャグシーンの数が多く、かなり笑わせていただきました(笑)

製品版では、『リードする・される』の選択によって変わる、ヒロインとの恋愛に期待したいです。
僕としては、「早く小柚子先輩とのイチャラブが見せてくれ!」って感じですね(笑)

プレイ時間が2~3時間ほどの内容でしたが、終始楽しむことができる内容でした。
発売日までが待ち遠しいです!



どっちのiが好きですか?』は、
2019年11月29日に発売です!

本作が気になっている方や購入しようか迷っている方は、まずは体験版をプレイしてみてはどうでしょうか?