おっぱい大きくて、お尻もむっちりした女子高生と子作りエッチしたい…


男なら、誰もがそう思うことでしょう。
もちろん、僕もそうです。


さらには、


女子高生を出産させたい…♡


といった欲望も湧いてくると思います。



そんな、どうしようもないこの性欲を解消してくれる、ドスケベな作品が登場してしまいました。

それが、今回の記事で感想・レビューを書かせていただく、

子産み島~週7で産めるメスたち~

こちらの作品です!



初めに読んだとき、

「こんなにエッチな女の子が存在したのか…♡」
「母乳が吹き出るJK、最高♡」


と、夢中で何度もシコシコするくらいお世話になりました♡

この作品を買おうか迷っている方、ドスケベな作品を探している方の参考になったら嬉しいです!



子産み島~週7で産めるメスたち~








この離島…ドスケベボディの女しかいない!?

転勤で、とある離島にやってきた主人公。
しかしこの島の女性は、みんな巨乳・巨尻のいやらしいカラダをしていたのです。


子産み島~週7で産めるメスたち~


さらに、島の村長から

「島中のおなごを孕ませてやってくれんか?」

と告げられた主人公。
転勤だけでなく、島に住む女と子作りセックスをする目的も含め、離島での性活がスタートします。


そして島中の女たちは、妊娠から出産まで1週間という、驚異の早さで子どもを生むという特徴があります。
中出ししてすぐ妊娠・ボテ腹になるという、子どもを生むのに理想的な、ある意味都合のいい特徴です。

子産み島~週7で産めるメスたち~

そんな特徴もある、ドスケベボディの女がわんさかいるこの島で、主人公は子作りセックスをしていくことになります。




女子高生の島娘がとにかくエロい…♡


登場人物のメインとなるのが、褐色で元気な民宿の女子高生・橘 このみちゃんです。

子産み島~週7で産めるメスたち~

とても18歳とは思えないむっちむちのカラダがすごくエロい女の子です♡
本作では、このみちゃんと最初にエッチをします。


ここで印象に残ったのは、このみちゃんとエッチをする前の描写です。

主人公に対して、

「好きな子のタイプとか…いる?」

と、少しドキッとする質問をします。
そこからさらにエスカレートしていって、

「わたし、この間Kカップになったって言ったっけ?」
「おしりとか…この間測ったら…ひゃ、100cmこえてて…」


という感じに、自分のおっぱいを強調させたり、お尻をむにむにさせたりします。
このシーンのこのみちゃんは、男の性欲をグングン刺激します♡


自分がドスケベすぎるカラダをしていることに無自覚で、おっぱいやお尻を見せつけるかのように(ほとんど無意識で)誘うこのみちゃん。

そしてついに、

「…触ってみる?」

と、このみちゃんから一声。
これをきっかけに、主人公の島民との初エッチが始まります。



初エッチが始まるまでかなりのページがあるのですが、はっきり言わせてください。


エッチする前から抜けます。


まだ序盤のところなのに、本作でいちばんエロいといっても過言ではないと僕は思いました。
ちなみに僕は初エッチが始まるまで、2回致しました♡




22cmの絶倫チンポ、あふれ出る母乳♡


このみちゃんとのエッチが始まってからは、獣のようなセックスの連続です。
数百ページにもおよぶ子作りセックスの描写は、精子がいくらあっても足りません。


どのページでもインパクトあったのが、主人公の射精量です。


主人公のおちんちんの長さは22cmと、長めなイチモツです。
そのおちんちんから出る精液がとても多く、かつ何回も射精します。
(このみちゃんのお腹が「ボコォっ」となってる差分もあります)


断面図もあるので、子宮が精液でいっぱいになるまで何度も種付けする、本気の孕まセックスが描かれています。


子産み島~週7で産めるメスたち~

他にも、顔射や馬乗りパイズリで射精される精液で、このみちゃんの顔が精液で真っ白になるシーンもあります。

中出しも外出しも、とんでもない射精量で犯しまくる主人公の絶倫チンポ。そのチンポにこのみちゃんも、何度も絶頂し、何度も潮吹きしてイキまくってしまいます♡




そして、1週間で出産するという、この島の女性の特徴。
このみちゃんも例外ではありません。

子産み島~週7で産めるメスたち~

そのため、最初のエッチのあとにすぐ、母乳が出るようになります。
母乳も出る量が多く、イくごとに「ぷしゃああ」と、まるで射精するかのように吹き出ます。

  • おっぱいを揉むたびにどんどん出てくる母乳
  • おっぱいが揺れるごとに飛び散る母乳
といった母乳の描写は、ハンパじゃないくらいシコリティを感じました♡


18の女の子が出していいような母乳の量じゃないよ…




母親、妹ともセックス


また、このみちゃんだけでなく、

  • 母親のかおりさん
  • 妹のりあなちゃん

2人の子作りセックスも見られます。


子産み島~週7で産めるメスたち~

かおりさんとは、対面座位でのセックスが描かれます。
途中、娘のこのみちゃんに気づかれそうになりますが、必死で声を抑えながら腰を振ります。

口元を手で抑えて「んんンッ~~♡」と喘ぐかおりさん。
加えて、このみちゃんという本妻がいながらその母親とどっぷり子作りセックスする状況に、たっぷりシコシコできます♡



妹のりあなちゃんとは、
  • 寝ている主人公にフェラ&騎乗位セックス
  • お姉ちゃんと一緒に正常位セックス

以上のシーンが見られます。



りあなちゃんのいちばんの見どころは、りあなちゃんの感度です。
姉よりも、母親よりもイキやすく、何度も何度ものけ反り絶頂しちゃいます♡

さらに◯学生で小柄なこともあって、主人公のおちんちんが「ボコォっ」っと、りあなちゃんのお腹を膨らませるような描写もあります。
子宮の奥を「ゴツ、ゴツ」っと突きまくり、◯学生とヤる本気の子作りセックスに、射精が止まりませんでした♡

(りあなちゃん、橘家でいちばんエロい娘かも…♡)

子産み島~週7で産めるメスたち~



少し残念だったのが、かおりさん、そしてりあなちゃんとのセックスパートが少なかったことです。

2人ともびっくりするほどエロかったので、ちょっと物足りない感はありました。
それでも、初見で2人とも2回ずつ抜いてしまうほどのエロスに、股間の底から感謝いたします。




ちょっとでも股間が反応したなら見るべき1作


物語の最後は、このみちゃん、かおりさん、りあなちゃんが3人とも妊娠します。
しかし、出産のために病院へ行く途中、主人公が他の島民を見つけて「メスの性能を凝縮した超メスがいる…」と言って、そのあと本作は完結します。


読んだ方であれば、「え、ここで終わるの!?」と思うに違いありません。


ですが、この終わり方から想像するに、続編が出るのかもしれません。
本作では橘家以外にも、何人か島民がいました。当然その島民たちも巨乳・巨尻とドスケベなカラダをしたメスですので、彼女との子作りセックスを描いた続編が出るのだろうと僕は予想します。




さて、本作を読んだ感想をだらだらと書いてきましたが、ひとことで言うと、

「めっちゃ抜ける。」

これに尽きます。
(ざっくりしすぎ…)


僕が個人的に抜けたポイントは、
  • 巨乳・巨尻のエロすぎるカラダ
  • エッチする前のドキドキ感
  • 女の子のセリフ
  • 勢いよく出る母乳
  • 潮吹きなどで、イスや畳がすごいことになる表現
  • おちんちんで「ボコォッ」ってなるお腹
  • イキまくってのけ反り絶頂

…このくらいでしょうか。(多すぎ?)

どのページも、男の性欲を微粒子レベルからそそらせてくれるようなエロすぎる内容でした♡





700ページ近くの大ボリューム(約4GB)で、とんでもなくエロい子作りセックスを見られる本作。

本作の雰囲気やサンプル画像などを見て、
  • 本作が気になった方
  • 「エロいな」と思った方
  • 少しでも股間が反応した方
以上のような方は、ぜひ購入してお読みいただくことをオススメします。

今までに見たことないような本物のドスケベ作品であることを、本作を読み終えるまで10回以上抜いた僕が保証します♡






子産み島~週7で産めるメスたち~
子産み島~週7で産めるメスたち~
(FANZA)




子産み島~週7で産めるメスたち~
(DLsite)