くれないでこざいます!

家の彼女」をクリアしましたので、感想を書きたいと思います!



あらすじ

ヒロインである纏絢萌ちゃんの両親が、仕事の都合により海外で暮らさなければならなくなります。絢萌ちゃんはまだ学生で、受験シーズンだということもあり、家族ぐるみで仲の良い主人公の元で同居することになりました。絢萌ちゃんと主人公は幼馴染で、昔からお互いに好意を寄せておりました。この同居生活をきっかけに2人は、次第に幼馴染以上に惹かれあっていきます。

「ただいま」「おかえりなさい」
そんな当たり前の毎日が、かけがえのないものになっていく━━━。




シナリオ

「女の子と一緒に暮らそう」というのがコンセプトになっており、朝起こしてくれたり、ご飯を作ってくれたり。また、同居生活には必ずといっていいほどある、風呂上がりなど、女の子の無防備な姿も見ることができます。そのような同居生活に重点を置きつつ、物語は進んでいきます。
絢萌ちゃんが主人公宅に来る前は、いろいろと散らかっていたり、殺風景な部屋でありました。ですが、2人が同居し始めてからは、テーブルを用意したり、仕切りとしてカーテンをつけたりなどと、部屋にだんだんと生活感が溢れてきます。それは、この家が2人だけの色に染まっていくようである、と言えるでしょう。
このように、家の空間までもが、2人の恋人生活の一部として描かれたシナリオであったと思います。家、そして同居。その暮らしこそが、まさしく”家の彼女”との恋人生活なのだなと感じました。

また、シナリオでは、コメディ要素の強いお話がかなり多くありました。

0090

0164

0280

0442

0320

ギャグとか笑えるシーンは、サブキャラに多くあったように思います。サブキャラの数も、ロープライスの作品にしてはかなり多いほうでした。
社長さんとのやりとりが一番好きです(笑)






Hシーン

Hシーンはどれも初々しいものが多く、2人の愛、恋人としての距離がそのままシーンに描かれているような感じでした。また、CGの塗りが非常にキレイで、それがさらにCGをえっちに魅せてくれました。

僕が一番良かったな~と思うシーンは、絢萌ちゃんに手コキしてもらうシーンです。おっぱいを押し付け、切なそうに見上げながらシコシコしてくれる絢萌ちゃんにグッときました(*´ω`*)
しかもこのシーン、最初のHシーンだということもあり、「え、初めから手コキしてくれるのか!!」とめちゃめちゃ興奮してました♡

個人的に好みだったのが、絢萌ちゃんにパイズリしてもらうシーンです。このシーンは本編クリア後に、アフターとして追加されるシーンとなっています。さて、このシーンですが、おっぱいの塗り・表現がとても印象に残るものでした。一言で言うならば、”モチモチしたおっぱい”。そんなおっぱいで挟んでくれるこのパイズリシーンは、とても見ごたえがあります!(*´∀`*)





◆お気に入り

僕のこのゲームでのお気に入りは、絢萌ちゃんの表情です。このようないろんな顔の絢萌ちゃんが見られました!

0108-tile

絢萌ちゃんは優しい娘なので、そこまで感情の起伏はないのかなぁ、なんて思っていました。しかし、それはいい意味で予想を裏切られることになりました。とにかく、泣いたり怒ったり、えへへと笑ったり(*´∀`*)

僕が好きな表情は、絢萌ちゃんの怒ってる顔です(*´ω`*)

0371

普段ほとんど起こることのない絢萌ちゃんなので、そのギャップが非常に可愛らしく見えました!
(僕、こういう目が好きなんですよ…♡)



◆総評

ヒロインとの同居ということで、イチャラブがメインなのかな~と思いましたが、以外にもコメディ要素が強くてたくさん笑わせてもらいました。シリアス展開もほとんどなく、読みやすい作品というふうにも感じました。

家の彼女はシリーズとして、「家の妹」、「家の恋人」という別作が発売されるそうです。「家の妹」では妹の理帆が、「家の恋人」では喫茶店で働くチカとユリが攻略できるようになっています。本作ではサブキャラとして登場していましたが、彼女たちの個性的な一面がたくさん見られました。気になった方は、本作をプレイしてみて、どのようなヒロインなのかをチェックしてみるのもアリかなと思います。
また、シリーズ通して低価格のゲームとなっていますので、手が出しやすい作品であると思います。ロープライスでありながら、イチャラブやギャグといった要素が、非常に満足できる一作でした!





以上で、感想を書き終えたいと思います。
それでは、くれないでございましたー! 最後までお読みいただき、ありがとうございました!!


家の彼女

2,592円